リフォームのことでお馴染みのリフォームインフォメーションが、リフォームでの疑問・質問にお答えします。
リフォームインフォメーション
リフォームインフォメーションリフォームまでの流れリフォームのポイントリフォームQ&A
全国 のリフォーム業者一覧リフォーム トラブル事例全国 の住宅事情

リフォームQ&A

Q.建て替えにするか、リフォームにするかは何を基準に考えたらよいのですか?

ま ずは、どれだけ使える部分が残っているかが重要です。土台や柱など構造部分がダメになっている場合はかなり費用がかかるケースが多く、新築したほうが得な 場合もあるので、全国にある専門の業者に調査してもらって新築の場合の費用と比較してみるのがよいでしょう。間取りの変更をする場合なども、その家の構造 によって簡単にできるものなのか、大掛かりな工事が必要になるのかが違ってきます。ちょっと変えるだけと思っていても、意外と大工事をしなければならない 場合もあります。
また、リフォームの見積もりを出して、新築と比較する場合は、これからの生活設計をしっかり見据えた上で「この先何年もたせたいのか」ということをはっきりさせることも大切です。
工事費以外の全国での仮住まいの費用や登記の費用なども含めた上で、リフォームにかかる費用が、建て替えに必要な費用の7割以上になってしまうようなら、建て替えを考えたほうが良いかもしれません。

Q.全国のリフォームの営業マンに「今やっておかないと手遅れになってしまいますよ」と言われました。これって信じてよいのでしょうか?

「今 やっておかないと手遅れになってしまいますよ」というのはいかにも営業トークっぽいのですが、本当に「あの時やっておけば・・・」というようなことになっ てしまう場合も実はあります。そのような例で多いのがシロアリの被害です。いざリフォームをしようとしたら土台や柱がシロアリの被害でボロボロの状態だっ たというのはよくあることです。
また外壁も、あまり気付かないような細いひび割れから少しずつ水が入り、いつのまにか下地板が腐ってしまっていたということがあります。早めに気づいて修 理をしていれば、少ない出費で工事ができたのに、放置していたために大工事が必要になってしまったというケースがよくあるのです。
対策としては信頼できる業者に定期的に家の状態を点検してもらうことです。自分で家の状態をきちんと把握していれば、訪問販売業者の言葉で不安になることもなく、無駄な出費をせずに家を守ることができます。

Q.見積もりをとってみたら希望の予算よりかなりオーバーしてしまいました。どうしたらよいでしょうか?

費 用を削る方法としては、「リフォームする範囲を狭める」「グレードを落とす」などの方法があります。リフォームの場合は、「ここだけは」というこだわりの 部分には妥協しないで費用を掛け、しっかり希望を満たし、それ以外の工事は次の機会に回してしまうか、グレードを落としてしまうというのが、比較的満足度 の高い結果を得やすいようです。そのためには、工事の優先順位を家族とよく話し合い、何を目的としたリフォームをするのかということをはっきりさせておく 必要があります。また全国の業者にも、「ここをこうすれば安くできる」などローコストに抑えるための提案をしてもらうことが大切です。

Q.訪問販売で工事費を半額にすると言ってきました。宣伝でよく目にする業者ですが、工事を依頼しても大丈夫なのでしょうか?

訪 問販売の場合、もともと高めに価格が設定されており、それを「割引きするから」と言って、契約させるパターンが多くあるようです。全国の市場相場がどれく らいなのかを調べるためにも、すぐに契約しないで、他の業者からも見積りを取って、工事費や工事の内容などを比較してみることをおすすめします。よく宣伝 しているから大丈夫というのも当てになりません。また訪問販売業者の中には実店舗がなく、電話だけで商売をしている代理業のようなところもあるようです が、このようなところはクレームを受け付けてくれないこともあるので、全国にある店舗をきちんと確認したほうがよいでしょう。

Q.訪問販売の業者と塗装工事の契約をし、既に着工したのですが、解約したいと思っています。まだ契約から8日間経っていないのですが、可能でしょうか?

特 定商取引法により、契約後8日間以内であれば、既に工事が始まっていたとしても、クーリング・オフ(解約)は可能です。業者は「工事が始まってしまったの で解約はできない」と言うことがあるようですが、契約後8日間以内であれば、たとえ工事が完了してしまったとしても、解約することができます。


全国では、リフォームが盛んに行われています。全国でリフォームをする際には、失敗をしないためにも業者選びが重要なポイントです。そのために、あなたがどういったリフォームをしたいのかを明確にして、トラブルに巻き込まれないようにしっかり勉強をしておきましょう。全国の住宅事情はこちら

- おすすめサイト -
住宅リフォームの事ならリフォームサイト
リフォーム生活
リフォームコンテンツ
リフォーム販促.com

ビルダーお助けネット
リフォームインフォメーション

Copyright © www.re-form.co.jp Allright Reserved.
当サイト内に掲載されたすべての内容について、無断転載、複製、複写、盗用を禁じます。